不倫成就の可能性


「好きになってしまったものは仕方無い・・・」、「たまたま好きになった相手が既婚者だっただけ・・・」

不倫してる人はよくこのように思うものです。
たまたま結婚している相手を好きになってしまうことは誰にでもあることです。
男でも女でも、誰でも幸せな結婚生活を夢見ています。
しかし、好きになった人が既婚者であれば、その理想を叶えることが難しくなってしまいます。
不倫してる人は、結婚に重点を置くのか、自分の気持ちに正直でいるべきかが運命の分かれ道となるのです。
結婚に重点を置くならば、すでに結婚している人と今のままでは結婚できません。
自分の気持ちに正直でいたいなら不倫という恋愛を選んでも良いでしょう。

しかし不倫を続けて時が経つにつれに、「離婚して自分と結婚してくれる」、「別れて私を迎えに来てくれる」、「きっと私を選んでくれる」という想いを抱くようになります。
既婚者と不倫する人は、相手が「私のことだけを愛してくれている」と信じています。
もし、その思いが本当であれば、既婚者は真剣に離婚を考えて行動に移してくれるでしょう。
「妻(夫)とは別れるから、待っててほしい」と口を揃えてよくこう言います。
いつまで待っても進展しない時には「別れ」を選ぶこともあるでしょう。

しかし、相手も真剣に考えてくれているが、どうしても離婚できない状況ということも考えられます。
そのときあなたは諦めてしまいますか?
それとも略奪愛を求めるでしょうか?
「あきらめた」という人は、誰にも迷惑をかけなかったという意味ではその判断は正しかったかもしれません。
でも、もしお互いの気持ちが「本物」であり、「未来への可能性・発展性」を秘めていた場合には、本当の正解とは言えなかったかもしれません。
優柔不断な男性?現実的な女性!

不倫で悩む人の多くは、相手の配偶者を傷つけていることや、他人に相談できないから悩んでいるわけではありません。
相手の考え・気持ちが理解できない、煮え切らない、本当にこの人を信じて良いのかと不安になり悩むのです。
自分がなぜこんな辛い不倫恋愛をしているのか、という現実が悩みの根本だと思います。

相手が男性の場合

「妻と別れたら結婚しよう」、「君を一番愛している」、「結婚していることは問題ではない」期待を持たせて思わせぶりなことを男性は言うのです。
現実に相手は、結婚したままであなたと付き合っているのです。
「もうすぐ離婚するから、そしたら結婚しよう」というのは、離婚してから言って欲しいものです。

本当に夫婦の仲が悪くて、真剣に離婚を考えているなら、すでに別居していてもおかしくない状況と思います。
「仮面夫婦で家庭内別居だよ」、「ずっとセックスレスだ」、「君と出会う前から離婚は考えていたんだ」などと不倫をしている男性はよく言います。
「いつまで待ってればいいの!」、「いつ奥さんと離婚してくれるの?」女性からよく聞く言葉です。
詰め寄って聞いてもはぐらかされたり、話題を変えられてしまったり・・・。

「子供が学校を卒業するまで」、「妻が自立して生活できるまで」とか とにかく今すぐは無理だからいついつまで待っていてほしいと言う人が多いように思います。
具体的な期限はなかなか言えずに、アバウトな期限を伝えて、それまでは黙っていてほしいのでしょう。
不倫という恋愛だけを楽しんでいる人に多く見受けられる言動です。
そして、いざその期限が来ても何も状況は変わらない、進展しない・・・。
基本的に男性は、面倒くさがり屋で煩わしい問題は後回しにしてしまいます。
例え、自分の問題になる不倫→離婚というプロセスにおいても、話し合うこと、決めること、離婚することが面倒なのです。
例えば、女性にとって大切な結婚式でも男性にとっては気の乗らない儀式なのです。

相手が女性の場合

女性は逆で、自分の気持ちが無くなったり、相手に冷めてしまえば、すぐに「別れ」、「離婚」を決意して行動に移します。
男性の方が情に弱く、夢見がちで優柔不断です。
女性の方がクールでドライで現実的です。
辛い不倫をしていることで苦しい思いをしているなら期限を決めて恋愛すことも良いでしょう。
期間限定で恋愛を楽しんでみて、二人の状況が進展しない、発展しない場合には別れることにするのです。
不倫の結末は、別れを選ぶか、貫き通して略奪愛を目指すかです。
その結末は略奪愛なら相手が、別れなら自分が決めることになるのです。
答えを出すのは相手、期間を過ぎても煮え切らないのなら自分で答えを出すしかないのです。

本気の不倫なら略奪愛

不倫という恋愛には、二人が純粋に付き合っている前向きな不倫というパターンがあります。
これは、たまたま好きになった人に奥さんがいただけで、お互いに純粋に愛し合っている場合です。
このような相思相愛の場合は、後ろめたさを感じる必要はあまりないと思えます。
奥さんとの結婚は、何か事情があったりしての間違った結婚だったのでしょう。
人間というものは、完璧なものではありませんから、間違った結婚をしてしまう場合もあります。
それに気がついて、新たな結婚を望むのであれば、素直に過去の非を認めて、やり直せば良いのです。
不倫が始まる前からその夫婦が破綻していたかもしれませんし、離婚を考えていたかもしれません。

「略奪愛」と言われますが、相手を脅迫して奪ったわけではなく、気持ちが通じ合わない夫婦が離婚する前に最愛の人に出会ってしまっただけのことです。
お互いに愛しあっているのですから、元の相手と離婚して再出発しようとしている立派な恋愛なのです。
こういった結婚をして、幸せになった人はたくさんいます。
お互いに好きになってしまうことは、仕方がないことなのです。
配偶者ときちんと話し合って、気持ちを整理して正式に離婚をしたなら、何も恥じることはありません。
相手との将来を本気で考えた真剣な恋愛であるならば、それは純粋な愛の形なのです。

困難・障害を乗り越えてこそ本物の愛

不倫の愛が実り、いざ結婚できるとなった時は嬉しさと同時に悩むこともあるでしょう。
当然、全てを話せば親や周囲からは反対されることもあるでしょうし、相手の現在のパートナーとのトラブルも考えられます。
障害のある結婚に迷ったときは、愛と自立心があるかどうかを考えましょう。
二人の間に愛があるなら、どんなに障害があっても関係ありません。
二人の愛に不安があったり、その障害を乗り越える自信がない、器量がないという場合には考え直した方が良いでしょう。
「やっぱり反対されたから結婚できません」と今さら申し訳なくて言えないなどという、甘い考えではいけないのです。
どんなに反対があっても、困難な出来事が予想できようと、愛を貫けるだけの自信が自分にあるならば、結婚に踏み切ればいいし、自分の中にも不安があるのなら、今はその時期ではないと身を引くのも大切な勇気です

その愛が本物なのか

不倫している時は燃えるような恋愛をしていたのに、結婚できる環境になったとたんに冷めて別れてしまっている人たちもいるのです。
障害がある恋愛ほど燃え上がり、障害がなくなると冷めてしまう場合は「不倫」に燃えているだけなのです。
障害のある結婚を考える場合は、二人の愛が本物か、本当に必要と求め合っているか、相手と自分を見つめ直すことが大切なのです。
もし不倫の末、相手と結ばれるならば「あなたが原因で離婚をした」という気持ちを相手に残させないことです。
お互いが求め合った結果、二人が結ばれただけで、それ以上の責任やプレッシャーを感じる必要は無いでしょう。
あくまでも前向きな姿勢で恋愛・結婚を考えて貫けば良いのです。

また、略奪したら相手の元配偶者のことを悪く言ったり、過去をほじくり返して文句を言ってはいけません。
夫婦に子供がいる場合は、離婚が成立しても完全に元家族との縁が切れることはないでしょう。
元配偶者とは子供の父親・母親としての関係と責任が続きます。
また、月に一度か週に一度かわかりませんが子供に会いに行くこともあるでしょう。
離婚する配偶者のことも思いやり、考えてあげるくらいの気持ちの余裕や理解する器量が必要かもしれません。
相手を好きで離婚させてでも一緒になりたいと本気で思うなら、相手の過去も一緒に背負って生きてゆく覚悟を持ってください。
間違ってはいけないのが略奪するには「相手が本当にあなたを愛していて、必要としている場合に限る」ということです。
略奪愛が成功するのは、互いの気持ちが同じ場合に限るからです。

終わりに・・・

このページは、作者でもある私が、不倫の経験が有り日々の生活に支障をきたすほど悩んだ時に、「ヤフーさんの知恵袋」などを読みあさって
最終的にたどり着いたサイトからの引用です。
私自身は、相手の方の家庭を思うと、どうしても切なくなり、おしまいにしましたが。。

お相手に出会えた場所は、「出会い系サイト」でしたが、未だにその場所で放浪を続けています。
私が、私らしく生きるための一つの場所として。。。気になる方はどうぞいらしてください。こちらから登録ができますm(__)m